ファッションの楽しみ方について

ファッションの楽しみ方について

ファッションは、着る人の所謂名刺の様なものでしょう。

人は外見ではなく中身が肝心という人と、人は9割は外見で判断されるというような本があるように、人間見た目が何より肝心という人もいます。どちらが正しいかと問われれば、それはどちらも正解ではないでしょうか。どんなにルックスがよくファッションや持ち物のセンスが良くとも、中身がどうしようもなくダメな人間であれば幻滅してしましいます。ですが、第一印象やある程度ごまかせるのも事実だと思います。人生には第一印象が勝負という事も多くあります。

外見は、もてって生まれた容姿がどうしても大きく左右したりもします。整形なども、今の時代は昔の様なマイナスなイメージもさほどありません。ですが、そこまでしなくて外見は大きく変える事が可能だと思います。身長以外のスタイルは自身の努力である程度カバーできます。着るものや持ち物、所謂ファッションセンスも同じだと思います。身に着けるものはその人の鏡となります。いわば名刺のようなものなわけです。

高価なものを身に着けなくとも、センスのいい人は大勢います。中身も外見も、どちらも努力なくして磨かれはしないと思います。どんなに高価なものを身に着けていても、それに見合う物がなければ意味がないと思います。反対に質素なものを身に着けていても、着こなしやセンスでその人の素晴らしさが際立つ人もいます。ファッションはお金では決して買えない、その人の生き方や暮らしを物語るものではないでしょうか。