ファッションの楽しみ方について

ファッションの楽しみ方について

変わるファッションセンス

たまに昔のアルバムを見返すのですが、自らのファッションセンスに顔が赤くなる時があります。特に中学や高校の時には、ダサい服装をして得意気にポーズを決めていて、若かったなぁ…と反省させられます。具体的にはジーンズです。私の時代にはケミカルウォッシュが流行していて、裾が細いジーンズにロゴが大きく入ったトレーナーが定番だったのです。それを着ながら、カラオケやボウリングに出掛けるのが、デートの王道だった気がします。田舎だったので、それが精一杯でした。

ファッションに変化が見られたのは、高校を卒業してからでした。やはり一番大きいのは運転免許を取得したことです。それまでは近くの量販店で購入するのみだったのですが、京阪神に買い物に出掛けるようになりました。神戸や大阪はオシャレの最先端ですから、自分のセンスが磨かれているのを感じました。また、彼女の存在も大きいものでした。変な格好をしていると、女性は露骨に嫌な顔をするものです。彼女にもアドバイスを貰いつつ、コーディネイトを楽しめるまでになりました。ファッションは個性も大事ですが、一番は相手に不快感を与えないことだと思います。TPOを意識した服装を心掛けたいものです。